home > 会社概要 > 挨拶・役員紹介

社長挨拶

「我われの想い」

私たちエバグループの仕事は、たった一本の酸素ボンベを
医療機関へお届けすることからはじまりました。
それから50年、「地域の医療に貢献したい」、その思いは形を変え今日まで発展してまいりました。
私たちは医療の発展をお手伝いするプロ集団であると共に24時間365日走り続ける集団として今後も邁進してまいります。

私たちの経営理念は「当たり前のことを当たり前に」です。
大きな目標を達成するためには目の前の課題をひとつひとつ丁寧にクリアし積み重ねる以外方法はありません。人生も同じです。
挨拶、掃除など自分たちでできることをしっかりとやり遂げることで、大きな目標も達成することができる。
そしてその小さな当たり前の積み重ねがやがてお客様の信頼へと変わっていく。私たちはそう信じています。

医療という社会が最も必要としているフィールドで我々が活躍できることを誇りに思い、これからも社員一同、心を一つにして医療機関、患者さんの為に日々精進していきたいと考えております。
今後ともどうぞ変わらぬご指導を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

会長挨拶

創業1963年
大学を卒業し、社会のこと、ましてや医療現場のことなど、まったく無知な男が、一本の酸素ボンベを医療機関、患者さんへお届けしてから始まった商いが50年。
「光陰矢の如し」。
とはいえ私は、その日、その時を、早くも遅くも、浅くも深くも感じてきました。
「苦労しているね」と、言われても私にはほとんどその実感がありませんでした。
ただただ、その日その時が一所懸命でした。
むしろ喜びの日々が多かったように思います。
私の財産は、運がよいことと、良き出逢いです。
日々の貴重な出逢いや経験、特に医療現場、患者さんから
私は”いのち”の尊さ、”いのち”の輝きを教えて頂きました。
50年を振り返り、あらためて思います。
「今日までの運と出逢いに心から感謝します」と、
「あの日あの時に支えられ、明日への新たな一歩を踏み出す喜びに、ありがとう」と。
いよいよ我が社は、実質的に第二創業期をスタートいたします。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

役員紹介

専務取締役 近藤康男

  

常務取締役 野村英二

  

取締役 脇田祥敬

  

取締役 井野勝敏

  

取締役 水野浩一

  

取締役 福島隆史

  

取締役 竹田豊