home >取り組み >酸素ボンベの取扱いについて

酸素ボンベの取扱いについて

【ボンベの保管】
・転落や転倒などによる衝撃を与えない事
・ボンベは倒れやすく、かつ倒れると危険なので、専用のボンベ台またはカートに乗せるか
 ロープまたはチェーンを掛ける事
・高圧ガス容器は、40℃以下に保つ事(裸火や暖炉の近くに置かない。直射日光を当てない。)
・酸素の容器は可燃性・毒性ガスと区分して置く事、充填容器を空容器は同一場所に置かない事
・ガスの消費は通風の良い場所で行う事
・容器バルブに油脂類の付着がなく、ボンベ付近5m以内に火気及び引火性ものが無い事

酸素ボンベの取扱い

・使用する際には台車・スタンドに固定してください。

・ボンベを移動する際には必ず台車を使用してください。

調整器の取り付け方法 Ⅰ

①ボンベを固定する。
 (スタンドか台車で使用する)

②バルブのハンドルをゆっくり開け少し空吹きする。
 (不純物を飛ばし、バルブを緩める効果)
※バルブを一気に開けると発火の恐れがあり危険です。

③調整器の接続部分に所定のパッキンがあるか、異物、油脂類が付着していないか確認する
※パッキンに不具合は酸素漏れ、発火事故の原因になりやすい。

④バルブのネジ山に沿って調整器のナットを軽く締めていく。

⑤スパナで締める。
 (締めすぎに注意きつく締めなくても漏れません)

⑥バルブのハンドルをゆっくり開ける。
 この時、圧力計の正面に立たない。
  (破裂する可能性があります)
※全開した後に、少しハンドルを戻す。

⑦処方に合わせて流量を設定する。出ている酸素ガスの臭いを確認します。
※酸素は無臭です。異臭がする場合は使用せず業者へ問合せをして下さい。
※流量計の目印は玉の場合は中心を、コマ型の場合は
上辺を目盛に合わせます。
※流量は多めに出してから、徐々に下げて所定流量に
設定するのが確実な方法です。

流量計の見方

調整器の取り外し方法

①バルブのハンドルを締める

②流量つまみを開けて調整器の中に残る酸素をすべて出す。
※(圧力計の針がゼロになるまで酸素を抜きます)
※圧力がある状態で調整器を外すことは危険です。

③スパナで調整器のナットを緩める

④調整器のナットを手で緩める

調整器の取り付け方法 Ⅱ

調整器にパッキンがついていることを確認し、ボンベに取り付けます。

ボンベのバルブにある位置合わせ穴に調整器の位置あわせピンが合うように取り付けます。

調整器の取付ハンドルを右に回し、十分に締め付けます。

調整器の流量設定ダイヤルを“0”に合わせます。

酸素ボンベの元栓をゆっくり開けます。

酸素ボンベと調整器の接続部分から酸素が漏れていないか確認します。
シューという音がして酸素が漏れていたら、以下の点を確認して下さい。
・調整器は傾いていないか
・調整器の取付ハンドルはいっぱいまで閉まっているか
・パッキンに異物がはさまっていないか
・パッキンが正しく取り付けられているか

調整器の取り外し方法(在宅酸素用ボンベ)

ボンベのバルブにある位置合わせ穴に調整器の位置あわせピンが合うように取り付けます。
※使用後のボンベは必ずバルブを閉めてください。

調整器の取付ハンドルを左に回してゆるめ、調整器を酸素ボンベから取り外します。