home >取り組み >医療ガスの規格

医療ガスの規格

法令上の「医療ガス」

医療用ガスに関する法律には、医療法、薬事法、高圧ガス保安法、健康保険法などがあります。
薬事法では酸素、窒素、亜酸化窒素、二酸化炭素が医薬品として扱われ、圧縮空気、吸引、ヘリウム
などのように、医薬品としての扱いを受けていないガスもあります。
各法による定義は次の通りです。

【医療法】⇒酸素・各種麻酔ガス・吸引・医療用圧縮空気・窒素
【薬事法】⇒酸素・窒素・二酸化炭素・亜酸化窒素・キセノン
【高圧ガス保安法】⇒「医療の用に供される高圧ガスであって、原則として薬事法に規定する医薬品」

【医療ガス・設備の品質規程】

【医療法】⇒医療に用いられるすべてのガス
【薬事法】⇒医薬品として「日本薬局方」に収載されている酸素・窒素・亜酸化窒素・二酸化炭素の純度規程
【日本薬局方】⇒気体酸素の貯蔵方法が記載
【各種規格】⇒高圧ガス保安法、日本工業規格(JIS)

ボンベの表記